地鎮祭、建築にあたって

地鎮祭

新しい家の建築で工事を始める前に、その土地の神様にご挨拶し、土地を祓い清めこれから行われる工事の安全と大自然の様々な恵を与えてくださる神々様に、この土地が末永く、平安堅固であるように、守護を願うお祭りです。
無事完成されましたら、祈願札を当教会にお持ちの上、お礼参りをいたしましょう。

地鎮祭の流れ

修祓(しゅばつ) 参列者・お供え物を祓い清める儀式。
降神(こうしん) その土地の神・地域の氏神をお呼びする儀式。
献饌(けんせん) 祭壇にお供え物をする儀式。(中立)
祝詞奏上(のりとそうじょう) 工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
四方祓(きよめはらい) 土地の四方のお祓いをし、清める。
鍬入(じちん) 狩初め、鍬入れ等が行われる。
玉串奉奠(たまぐしほうてん) 神前に玉串を奉り、二礼二拍手一礼にて拝礼する。
撤饌(てっせん) 酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。
昇神(しょうしん) 神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。

 

◎揃える物
○米、塩、神酒(1升)、水(少量)
○海の幸(鯛、ワカメ、スルメ、コンブ、等)※生魚省略可
○野菜(大根、トマト、胡瓜、ほうれん草、など季節物)
○果実(りんご、みかん、バナナ、いちご、など季節物)
〇竹(4本)、縄、砂(建築業者様にご確認下さい)

  • 酒拝載用の盃(茶碗、紙コップ等)


初穂料 30,000円~(祈祷内容により変わる事がありますので詳細はお問合せ下さい)

※建築現場が当社近隣以外の場合祈祷料の他に御車代をお願いしております。

地鎮祭のお申し込みはこちらから

上棟祭(たてまえ・むねあげ)

基礎の上に柱が立ち、棟木を上げる際に行われるお祭りです。
地鎮祭では、土地の神様をお迎えしましたが、上棟祭では、建物の神様や方位の神様をお迎えします。
棟札を中央の柱に貼り、棟木には、上棟幣を立て、行います。

竣工祭(建築完成時)

建物が無事完成し、入居するにあたり執り行うお祭りです。
無事完成したことを大神様に奉告し、工事中御護り頂いた神々様に感謝すると共に、新しい建物を清め、末永く丈夫であることと、住む人々が健康で幸せに暮らせるように、その家が代々繁栄することを祈願いたします。

 

建売住宅・中古住宅清祓

すでに建物が建っている場合は、入居される前に、土地と家屋を祓い清め、そこに住む人々の平穏無事を祈願いたしましょう。